読んだ本

読んでいてなんか行動したくなる本「マツダ 心を燃やす逆転の経営」

マツダ車は今まで2回オーナーになったことがある。初代アテンザが出てきた時には、あまりのスタイルの良さに驚いた。後に試乗したら、親のトヨタ車に比べてあまりにハンドリングがクイックすぎるのにおっと思ったけど、総合ではあの時点で最高のコスパで流麗なスタイルを持つとても良い車だったと思ってる(初代アクセラのスタイルもあの当時ではCセグの中では飛びぬけてよかった、ステアリングが日本車とは思えないほど重かったけど)。

いままで知らなくて恐縮なのだが、初代アテンザの主査・金井氏は、その後フォード傘下の中において順調に出世し、最終的には会長になっている。金井氏はSKYACTIVの開発も指揮して、マツダ車をすべて刷新した。その彼のインタビュー集である。

SKYACTIVテクノロジーによる車づくりが各所で絶賛され、最終的にはトヨタとの提携までに至ったのは皆さん知っての通り。全く国内に存在感が無く、ときめく車も無い日産とはあらゆる意味で対照的なメーカーだ。

親会社のフォードは、1910年のフォードT型の製造時から「同一のものを大量生産」によって競争力を確保するメーカーだった。個性的な車でホームランと三振を繰り返すマツダとは組織のカルチャーがまるで違う。そして、リーマンショックを契機に彼らは、親会社と袂を分かち、全車種のシヤシーとエンジンを全部自分たちで開発することになった(経緯は、本書を見てほしい)。マツダがフォードの出先メーカーとはならず、マツダ自身であり続けようとした結果、とてつもない困難な壁にぶつかったわけだ。

それをどう乗り越えていったのか。キーワードは”志”だった。

この本には、経営本といっても、数値はほぼ出てこない。マツダは大企業だが、同じ業界にはもっと大きな企業がいっぱいある。普通に正面からぶつかったら、必ず負ける。資本の乏しい中で、どういう選択肢をすべきなのか。

ぜひ読んでほしい。

私はこれを読んで、近々3台目のオーナーになろうと思った。

ピックアップ記事

  1. 都民ファーストの会音喜多幹事長のブログ記事がひどいのでツッコミを入れる
  2. 2016紅白のごった煮と消化不良感はどこから来ていたのか
  3. ゲームから学んだ保険に対する考え方
  4. 山口敬之著【暗闘】を読む。傑作【総理】に引き続き、今回も迫真の筆致。
  5. マンションマニア先生に学ぶ、ブロガーとしての一つの到達点

関連記事

  1. 読んだ本

    山口敬之著【総理】読んだ

    山口敬之著【総理】読んだ。貪るように。政治の中枢で日々行われている生々…

  2. 読んだ本

    とても良い意味でのタイトル詐欺「朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論」

    作家橘玲氏の新著が出たので久しぶりに読んでみた。自著でも書いたが、私は…

  3. 読んだ本

    プロブロガー塾と起業塾とネットワークビジネス

    先日以下の2エントリを読んだ。■自己啓発にハマる人間は、笑える…

  4. 読んだ本

    山口敬之著【暗闘】を読む。傑作【総理】に引き続き、今回も迫真の筆致。

    このブログで山口敬之著【総理】を紹介したら、なんと3ヶ月で50冊以上売…

  5. 読んだ本

    なぜ電影少女と聞くと読んだ過去を恥ずかしいと思ってしまうのか

    その世代ならわかる、ジャンプ誌上珠玉の名作「電影少女」なんと第一巻…

  6. 読んだ本

    サラリーマンのスターが教えるTwitterのすゝめ。田端信太郎著「ブランド人になれ!」

    Twitterの大スターかつ"プロサラリーマン"田端信太郎氏とは、湾岸…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 本音のグッズ紹介

    お父さんのお小遣いで買えるサラウンド環境について考える
  2. 活動報告

    無料コンサルを相談者に対して誠実に引き受けるってのは、実に難しいものなのかもね
  3. 活動報告

    「ブロガーズフェスティバル2016」に参加してみての雑感と記録
  4. ブロガー論

    ぼくは、プロブロガーやプロブロガーをめざす人たちのテンプレ芸が大嫌いだ。
  5. 本音のグッズ紹介

    MacBookPro (13-inch, Late 2016, 2 Thunde…
PAGE TOP