本音のグッズ紹介

これから5年戦えるPC購入ガイド 2018年4月バージョン

Twitterでオススメパソコン情報オクレーって誰かが叫んでいたので。

パソコンの進化って、実はグラフィックボード以外はここ数年足踏み状態なので、5年前のCPUでもi5クラスで十分なメモリとSSDであればいまでも基本的には満足がいくスピードになっちゃう。Win10は十分に軽いOSだし。MacだってSSDモデルだったら最新のHigh Sierraだって2012あたりであれば問題なくグリグリ動く。もちろん、今から5年前の中古を買うというのはありえない。パーツもヘタってきているし、各種レガシーを引きずっているからだ。ハイエンドが足踏みしているということは、ローエンドもそんなに進化していないことになる。

ということで、2018年版「このPCを買えば5年戦える」ってのを各クラス毎に考えてみたいと思う。ご参考にされたし。前提条件は

  • 個人の家庭用に買うもの
  • デザインその他はさほど気にせず
  • 据え置きのため、モバイルはさほど考慮せず
  • これを買えばまぁ今後5年は考えなくても一線級のパソコンとして使えて
  • 使用用途は、オフィスソフト+インターネット+軽い動画編集程度くらいとする
  • メーカーは数多あるので、価格コムに載っているのにしよう。

ノートパソコン・5万円コース

もちろんだが、この価格帯が一番難しい(笑)。当然なことにOfficeは付いていない。このあたりの価格帯ではCPUは廉価版のCeleronが多く、SSDモデルでもちょっと複雑なことさせたらとたんに遅くなって、窓から投げ捨てたくなるはずだ。ちょっとでも長く使いたいならCeleronを買ってはいけない。Atomは論外だ。

そこでオススメしたいのはこちら。

ideapad 320 フルHD Core i3&SSD128GB搭載モデル 2018/04/29時点価格:52,980円

これは安い(断言)。若干モデルが古いが、Celeronじゃなくてi3、SSDでフルHDと基本が押さえられている。メモリ4GBが残念だが、実はこのPCはメモリスロットが存在しているので+4GBすれば、SSDの容量以外はスキが無くなる。コスパにとても優れたPCといえるだろう。ideapadはそもそも造りが全体的にチープなんだが、5万円のノートPCに高級感を求めてはいけない。2.2kgなのにDVDも付いてるし、読み書きもできる。これ以上何を求めるのだろうか。

ちなみに、6万円出せばAMDのA10モデルながらメモリ8GBにSSD256GBというモデルも存在します。
ideapad 320 AMD A10-9620P APU・フルHD液晶・8GBメモリー・256GB SSD搭載 80XS0066JP 2018/04/29時点価格:57,672円
HP 15-bw000 価格.com限定 クアッドコアA10&256SSD搭載モデル 2018/04/29時点価格:61,560円

こちらはZENコアじゃない旧式のA10なんだよな。。。256GBのSSD積んでいるってのが一番のウリかしら。ちょっと癖のある感じなので、強くは勧めません。

ノートパソコン・10万円コース

このクラスになると、「性能に重きを置く」「日本メーカーにこだわる」「デザインにこだわる」と、選択肢がでてくる。のらえもんは当然バランス性能重視派である(笑)CPUがCore i7 8550Uも選べるのだが、ここは万が一のゲームでも使えそうなこちらをオススメしたい。

Inspiron 15 7000 ゲーミング スタンダード Core i5 7300HQ・8GBメモリ・256GB SSD・GeForce GTX 1050Ti搭載・フルHDモデル 2018/04/29時点価格:102,311円

DELLのゲーミングモデルである。下位モデルと違ってこちらはIPS液晶モデルかつ、液晶のベゼル幅も狭くてスタイリッシュである。ただしテンキーが付いていない。肌触りなども下位モデルとは雲泥の差である。GeForce 1050Tiなので本格的な3Dゲームはできないが、そこそこ動く。ぶっちゃけPS4以上である。ウィッチャー3はちょっと厳しいけど、2013~2014のゲームなら解像度落とせばなんとかなる。この機種はかなりコスパ高いぞ。

え?Mac?
MacBookProの一番安い吊るしのモデルを買いなさいよ、多分それで十分満足ができると思う。ヤマダ電機で買えばポイント付くしさ。

デスクトップパソコン・5万円コース

すまん!デスクトップPCについては、ディスプレイは別で買うもんだと思ってください。ディスプレイは、なるべくおっきくて、解像度がちょうどいいもんを選ぶこと。24インチで4K解像度はオーバースペックで、24インチなら1920×1080。27インチなら2560×1440、それ以上のサイズで4K解像度を選ぶのが良いでしょう。デュアルディスプレイにすると作業がはかどります。

・・・と思ったけど、5万円以内で正直オススメが見つからなかった!というのも下手すりゃノートPCより性能が低いのが多いからだ。ということで、この項は急遽6万円前後コースとしよう。

そうすると、この2モデルが視野に入ってくる。

FRBSR220G/KD2 価格.com限定/Ryzen 3 2200G/8GBメモリ/240GB SSD/Win10/カスタマイズ対応 2018/04/29時点価格:59,798円

ひとつ下のPentiumG4560モデルも決して悪くはない・・・のだけど、あと5,000円足すとこれが買える。CPU性能は1.4倍でグラフィック性能は天と地ほどの差が出る。上のGeForce 1050Tiほどの速さじゃないけど、ちょっとしたカジュアルゲームならこれでできちゃうし、CPUも早い、メモリも8GBにSSDが240GB。デスクトップPCはハードディスクを足すのは簡単にできるので、足りないと感じたら2TBでも突っ込んでおけば、全く不満が出ないだろう。

もう一つはこちら。

Inspiron スモールデスクトップ プレミアム・デュアルドライブ Core i5 8400・8GBメモリ・128GB SSD+1TB HDD搭載モデル 2018/04/29時点価格:62,675円

まさに5年戦えるPCとはこのことで、i5-8400は今までの序列を覆すほど早い。AMDのRyzenに追い越されそうになった(コスパでは完全に抜かれた)インテルが本気出したミドルクラスのCPUだけど、ひと世代前のハイエンドとほぼ同じ速さになっている。コンピューター業界においては速さは正義。最新は省電力の証。上のRyzenモデルよりグラフィック性能は低いのだが、ゲームをしなけりゃ関係ない。むしろ、グラフィックボード追加すればいい、そういう人向け。両者を比較したら僕はこっちを買うね。

デスクトップパソコン・10万円コース

ここはモロ激戦。10万円になったら、CPUはハイエンド買えるから、あとはどれだけグラフィック性能やストレージを積むかってだけになる。ということで、これを勧めます。ごめんね、11.5万円で。世界のDELLだから。

XPS タワー プラチナグラフィック Core i7 7700・16GBメモリ・256GB SSD+2TB HDD・GeForce GTX 1060搭載モデル 2018/04/29時点価格:114,882円

このクラスになると、できないことはVRの3Dゲームくらいだと思う。あとは何でもできる。パソコンに一度ガーンとお金を使ってそのまましばらく放置したい人にオススメ。最初から2TBのHDDが付いてるけど、これで足りない奴はどうせ肥やしになって見ることが無いだろう大量のエロ動画収集をやめなさい。

私はこの2段上のクラスのグラフィックカード使ってますけど、99%性能を使い切ってません。

ディスプレイについて

23~24インチクラスならこれかな。高彩度ディスプレイでPLS(IPSより画質良くて省電力)パネル。最強。この価格で買えること自体が異常かも。ただしピポッド付いていないから縦置きには向かない。VESAマウント使えばなんとでもなるけど。

Philips 23.6型ワイド液晶ディスプレイ (PLSパネル/フルHD/5年間フル保証) 246E7QDSB/11

27インチクラス、今買うならこれだわ。2560×1440解像度の作業環境を一度手に入れると、フルHDじゃ狭くなっちゃう。4Kだと文字が小さすぎる。だから、これ。これで3万円以下って嘘でしょ(震え声)

I-O DATA モニター ディスプレイ EX-LDQ271DB

27インチの隣の縦置きサブモニタ買うなら、21インチフルHDのピポッド機能付きがいいよ!画素密度がほぼ一緒だからね!一応、IPSパネルのピポッド付きをここに挙げておきますね。

Dell ディスプレイ モニター P2217H/21.5 インチ/IPS/6ms/VGA,DP,HDMI

Officeについて

一度買えばサポート終了まで使えるOffice2016付きと月額課金で取られる365があるけど、僕は365でいいと思う。2016付きに2万円払っても所詮Personal版。パワポついてないし、その一つ上買うくらいなら1TBのOneDrive付いてる365にすればいいじゃん。5台まで入れられるし。

---

15万円クラスを挙げないのは、10万以上になると、CPUは頭打ちするから後はストレージとメモリとグラフィック勝負になって、そこはオフィス能力と何の関係もなくなるからいらないってことですね。日本製にこだわる必要はもはや薄いと思料。最近は海外製でも作りが良いですよ。

上記を参考にいい買い物できるといいね、そんじゃーね!

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

ピックアップ記事

  1. のらえもん対面インタビュー敢行報告
  2. 口腔洗浄器・パナソニックドルツが最強すぎ、はやく買えばよかった
  3. ゲームから学んだ保険に対する考え方
  4. 都民ファーストの会音喜多幹事長のブログ記事がひどいのでツッコミを入れる
  5. 2016紅白のごった煮と消化不良感はどこから来ていたのか

関連記事

  1. 本音のグッズ紹介

    のらえもんが本気でおすすめするマウス・キーボード・ディスプレイ

    ask.fmで随分前にいただいたリクエストをいま思い出しました。の…

  2. 本音のグッズ紹介

    のらえもん、デスクトップPCを5年ぶりにリプレース

    ハローこんにちは、湾岸妖精のらえもんです。家庭で使うデスクトップPCは…

  3. 本音のグッズ紹介

    デスクトップPCのニアフィールド音楽視聴環境を考える

    以下は、今回いろいろ物色した中での備忘録を共有します。さてみな…

  4. 活動報告

    ゲームから学んだ保険に対する考え方

    突然ですが、ここ2ヶ月ほど、ちまちました空き時間を作っては、PS4でウ…

  5. 本音のグッズ紹介

    「モバイルルーター SIM」と検索したら自分が求める情報が無いので自分で書く

    ノートPC買いますよね、いやMacBookでもいいんですよ。このブログ…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 活動報告

    「ブロガーズフェスティバル2016」に参加してみての雑感と記録
  2. 本音のグッズ紹介

    のらえもんが本気でおすすめするマウス・キーボード・ディスプレイ
  3. なんとなく

    広告を売るけど、モノを売る意識が無い広告代理店
  4. 本音のグッズ紹介

    これから5年戦えるPC購入ガイド 2018年4月バージョン
  5. ブロガー論

    ブロガーは外に出て、自分のジャンルの専門家と会った方がいいよね
PAGE TOP