「ブロガーズフェスティバル2016」に参加してみての雑感と記録

だらだら書きます。

先日、ブロガーズフェスティバル2016、略してブロフェス2016聴講してまいりました。いや聴講どころか、よせばいいのに勢いあまってライトニングトーク応募して、見事当選。大トリとして登壇までさせていただいた。だが、そもそもオイラ、ブロガーが集まってウェーイ!ってやってる場所にいままで行ったことなかった。

私は、ブロガーという意識があまりありません。よく自称するのは「湾岸妖精」もしくは「湾岸オウンドメディア」ですが、実はそれもあんまりしっくりきてません。でも、「ブログ」と名乗ってるもんを運営しているわけですから外から見ればブロガーですね。

でも、なんとなく最近のブロガー見てるとノリと合わない。いやソリが合わないのかな、どっちでもいいや。妖精始める前からブログは中断したサイト含めりゃもう10年以上もやってるわけですから、いつのまにか自分の中で「ブログってこういうもの」というコリが固まっちゃってほぐせないので、そういうコリを登壇者の皆々様のお話を聞いてほぐしてくれる人がいるんじゃないかと考えて参加することにしたわけです。

んで、いました、ぼくのコリをほぐしてくれたひと。具体名あげちゃうとブログはじめた時には既に著名人だった小鳥ピヨピヨ管理人の清田いちるさんですね。彼の話、思ったとおりだったし、サイトみて想像してたとおりの人でした。

彼が言ってたのは「いろいろ試してみたけどたどり着いた結論は、素描書き。思った通りそのまま書け、推敲せずに書け、それが良い」とかもう宮本武蔵かよみたいな悟りの境地のお話でした。僕も悟りを開きたくて、こんなブログまで立ち上げちゃいました。

他の方々も、面白かった。決してお話のプロでない方が多かったけど、自分のことを赤裸々に開陳しててそこまで話していいのかという話も聞けた。早割4000円の元は取った感じです。

あ、各セッションで登壇者が何を語ったかについて、細かく語ることはしないので、「ブロガーズフェスティバル2016」とかでググってください。

で、ライトニングトークに登壇した時のお話ですよ。

brofes2016

人前に出ることを極端に避けていた私ですが、最近のブロガー界隈に感じる違和感、をどうしても人前で話してみたかった。5分間のプレゼンはこんなかんじです。一部素材が佐野ってます、SQENさまご容赦ください。

当日、壇上で途中まで話して、会場で暗黒面と光明面どっちききたい?といったら暗黒面にしか票が入らなかった。僕なら絶対暗黒面だと思って用意したけど、ブロガーってなんだかキラキラしてるじゃん?キラキラした話が好きなら・・・って思ったらなんだ誰も手を上げないじゃん、と思いつつスライド切り替えました(暗黒面スライドの方が実はマイルドなのだがここでは公開しない)。

まぁいいや。ブログ10年もやってりゃ自分なりの型はすでに出来上がってるわけで、いろいろ見えてくるもんがあります。

最近じゃ、AIが人の書いたテキストを学習してそこから文章書くようになって来ました。、一目見て人が書いた文章とあまりかわらなくなったら、もう集客するためのブロガー・ライターなんていらないじゃん。

「僕がオススメする漫画50選!」
「泣ける邦画ランキング20を集めてきたよ」
「僕がXXする、たった3つの理由」

フリー素材にAmazonが並ぶよーなどこかでみた金太郎飴コンテンツ。こんなん一生懸命書いている人っていっぱいいますけど、上記みたいなコンテンツを全部AIが書くようになり、出来上がった文章をGoogleのAIが「高評価です!順位上げます!」といって検索にずらっと並ぶ、なんてディストピアが待ち構えているんでしょう。

ディープラーニングによる、ブロガーAIを大量導入して検索順位がばっととって、そっから商売につなげていくような大資本が来たらみんな一気にお亡くなりになっちゃうんですね。例えば、映画のレビューブログ上位50くらいが不自然に高評価で、よくよく見ればどこかの広告代理店と配給会社とかが開発したステマブログだった、ブロガーが書いた渾身レビューはGoogle検索の下の方、、そういう将来考えれば、合間に商人欲・・ちがった承認欲求満たすためのPV報告・成績報告にいそしむヒマなんてありますかね。

そうならないためには、DQ3で言う「遊び人=ネット芸人」もしくは「賢者=ネット博士」しか生き残れないわけですよ。自分はそのどちらのタイプなのか、それをはっきりと認識している人こそ、これからの世界、強いと思ってます。

いや、ブログってそうじゃない、遊びでやってるよ?趣味でやってるよ?というならそれならいいと思うんです。私も昔そういうタイプでした。でも、だいたいそういう人ってそのうち飽きて続かないのをずっとみてきてます。そもそも、ブロガーフェスにお金を払って来るくらい意識が高い人なら、何年続けられるか考えて書いたほうがいいとおもいますね。ちなみに私は妖精始める前に4度ブログを作っては放置を繰り返してます。

みたいな話をしたら、あんまり会場ウケが良くなかった。暗黒面スライドの時だけ読もうと思ってた最後のイケハヤdisがやっぱり良くなかったかしら、若干反省してます。

ブロガーがメインで来てる会場ならブロガーを盛り上げるような話しなくちゃダメですね。ネットに上がっている優勝された方のプレゼンはよく練られていました、聞き手の側に立って、聞き手が聞きたいことをきちんと用意された末での優勝。素晴らしかったです、おめでとうございます。もう一人は若さとノリでかっさらわれた感。

あとは、だるるん君。僕、彼と一次会・二次会で話して完全に世代の違い・ポテンシャルの違いを感じてしまいました。君すごいわ、おじさん脱帽です。

妻に23:23にブログ書くの終わりと予告してたので、今回主催者様にだいぶご迷惑をおかけしたことをこの場でお詫びしつつ、これで筆をおきます(執筆時間40分+やっぱり遂行しました10分)

P.S.
あ、私「LT内容のブログ掲載はご遠慮ください」と当日言ってしまいましたが、写真をアップしない限りOKです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク