読んだ本

とても良い意味でのタイトル詐欺「朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論」

作家橘玲氏の新著が出たので久しぶりに読んでみた。自著でも書いたが、私はかつて橘氏の熱烈なファンだった。若い時に彼の「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」を読んでとんでもない衝撃を受けたことを覚えてる。常にドライ。理屈がすごい。あの時からしばらく、この本は僕のバイブルだった。
結局、8割方破っているけど。それは脇に置いといて、橘氏は初期の頃の「経済的自由を手に入れるための生き方」的本を量産されていたのはもう昔。いまはあまり書かれておらず、最近は日本では珍しいリバタリアン視点から現代社会の問題を鋭く切り込む本を書かれている。

本書もこの一つだ。しかし「朝日ぎらい」というタイトルで朝日新聞出版から出すとは相当挑戦的だ(笑)

 

本書の朝日は、いわゆる朝日新聞的言論であり、例えば「戦後民主主義が大切にしてきた価値観」「かつての進歩的文化人の主張」「サンデーモーニング」「ニュースステーション」と置き換えてもいい。いま、ネットでは朝日新聞的言論は嫌われている。
サンデーモーニングは明らかに団塊世代をターゲットにした番組だが、日曜朝のテレビ番組だからターゲット以外の人達も見ることができる。Twitterでサンデーモーニングを検索すれば、まぁ圧倒的に嫌われていることがわかる。じゃあ、なぜ嫌われているの?っていうことを主張が間違っているとかその議論に立ち入らず、この本の最初は、日本の10代・20代・30代・・・70代が日本の各政党のイデオロギーをどのように見ているのか、意識調査の結果から読み解いている。

驚くことに、若い人ほど共産党が保守であり、自民党・維新の会をリベラルと捉えている。60代・70代は伝統的な価値観、すなわち共産党が圧倒的リベラルで自民党・維新の会を保守とみなしている。この左右逆転のねじれが「若者の右傾化」の正体であると喝破する。すなわち、右傾化じゃなくて若者は一貫してリベラルで、年寄りがいつまでも自分たちの主張にしがみついているだけなのだと。

と、朝日新聞的言論がなぜ嫌われるかは、ほぼ最初の章で終了してしまう。

後は、進化の過程で人間が身に着けた価値観、正義はこうである、という種々の実験からもたらされるエビデンスの結果として、「なぜネトウヨが現れるのか」「世界はリベラル化する一方なのに保守が各国の選挙で勝つのはなぜか」「学歴が高い人がリベラルで低い人が保守という傾向があるのはなぜか」など、を読み解く。類書ではなかなか見られない知的刺激があるテーマが次々と出てくる。橘氏が好きな人だけでなく、ネットにどっぷりと浸かった人なら楽しめる内容だ。前著「「リベラル」がうさんくさいのには理由がある」と内容が一部被るのはご愛嬌。「朝日新聞の罪を糾弾する!」的な類書ではないが、たぶん朝日新聞の偉い人はもっともこの本を嫌うんじゃないか。「あなたが嫌われているのは、そのダブルスタンダードです」と、はっきり言われているのだから。星5つ。ぜひ一読を。

しかし、いまの大学生がこれ読んだらリバタリアンになるんだろうか。一昔前の大学生・社会人が黄金の羽根を読んで経済的自由人を目指したように。

−−−

橘玲は作家としてやっぱりすごい。永遠に尊敬してます。僕の価値観を変えた人です。

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

ピックアップ記事

  1. 山口敬之著【暗闘】を読む。傑作【総理】に引き続き、今回も迫真の筆致。
  2. のらえもん対面インタビュー敢行報告
  3. ゲームから学んだ保険に対する考え方
  4. マンションマニア先生に学ぶ、ブロガーとしての一つの到達点
  5. バイト君に人生相談されたのでその話。将来はブロガーになりたいんだって。

関連記事

  1. 読んだ本

    サラリーマンのスターが教えるTwitterのすゝめ。田端信太郎著「ブランド人になれ!」

    Twitterの大スターかつ"プロサラリーマン"田端信太郎氏とは、湾岸…

  2. 読んだ本

    山口敬之著【総理】読んだ

    山口敬之著【総理】読んだ。貪るように。政治の中枢で日々行われている生々…

  3. 読んだ本

    山口敬之著【暗闘】を読む。傑作【総理】に引き続き、今回も迫真の筆致。

    このブログで山口敬之著【総理】を紹介したら、なんと3ヶ月で50冊以上売…

  4. 活動報告

    宅建をほぼ3日半で受かった僕の勉強法

    すいません、2016年の宅地建物取引士資格試験は結構簡単でしたね。ちな…

  5. 読んだ本

    なぜ電影少女と聞くと読んだ過去を恥ずかしいと思ってしまうのか

    その世代ならわかる、ジャンプ誌上珠玉の名作「電影少女」なんと第一巻…

  6. 読んだ本

    プロブロガー塾と起業塾とネットワークビジネス

    先日以下の2エントリを読んだ。■自己啓発にハマる人間は、笑える…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. Perume

    デビュー15周年・Perfume曲でのらえもんが打線を組んでみた
  2. 読んだ本

    サラリーマンのスターが教えるTwitterのすゝめ。田端信太郎著「ブランド人にな…
  3. 本音のグッズ紹介

    のらえもんが本気でおすすめするマウス・キーボード・ディスプレイ
  4. ブロガー論

    高額アフィ目的の仮想通貨ブロガーってオプザイルと何が違うの?
  5. 活動報告

    匿名か実名かなんて実にバカバカしいと思わないかね
PAGE TOP