読んだ本

山口敬之著【暗闘】を読む。傑作【総理】に引き続き、今回も迫真の筆致。

このブログで山口敬之著【総理】を紹介したら、なんと3ヶ月で50冊以上売れた。傑作だからこの数字は当然なんだけど、僕もいい情報を紹介できて本当に嬉しい。

あれから3ヶ月、山口氏の新しい本が出た。即刻買ってすぐに読んだ。その興奮の中これを書いている。

暗闘 暗闘
山口 敬之幻冬舎
売り上げランキング : 17

Amazonで詳しく見る

前回の「総理」は、第一次安倍政権の崩壊から再生までを描き、主要なテーマが内政だとすると、本書は外交が主な焦点となっている。世界初トランプ会談やプーチン山口訪問、真珠湾演説などの内情分析が、筆者の取材を元に精緻に書かれている。

そしてここで述べられている「暗闘」相手は、安倍のカウンターパートとなる外国首脳では無い。獅子中の虫である外務官僚と、そして自らの支持基盤である保守支持層のことである。

安倍政権は従来の外交のように、外務官僚が作ったお膳立ての通りには動かず、むしろトップ同士の個人的関係を積極的に作り、その上で交渉することにより路を開いている。そして、外交ルート造りにおいても外務省よりも自ら内閣官房に作った国家安全保障会議(日本版NSC)を交渉の手足として使っている。なぜこうしているかは本書を読んで欲しいのだが、当然ながら外務官僚としては面白くない(彼らはヒラリーを当選すると信じ込み、ヒラリーのみと接触するよう進言していたのだ)。そこで意図的なポタージュや情報漏えいなどが起こる事になる。本書を読む限り、安倍政権である限り外交交渉において外務省はあまり使われず、国家安全保障会議ベースですすむのだろう。

そして近い将来の暗闘相手として、安倍の支持基盤である保守支持層を上げている。
外交は相手もあることなので、100%の主張など通らない。多少の妥協は必ず必要となる。本書で述べられている北方領土返還交渉、真珠湾演説、慰安婦問題日韓合意などは保守層の反発は少なからず予想されていたものだった※。しかし、日本の正当性を強く主張するあまり、原理原則に拘ることは、物事を前に進めることの障害にもなっている。(慰安婦合意については、その後スワップ協議の取り消しの対抗措置で拍手喝采は結果的に受けることになったが)

今後についても、保守支持層からウケのよくない外交的妥協=成果を狙うことになるのだろう。少なくない人数の保守層が安倍政権から離れて批判に回ることも予想される。暗闘はこれからなのである。

従来、「外交は票にならない」と言われてきた。外交を積極的に行い成果を上げた総理大臣は少なく、戦後目を背け続けた問題も多い。対中対韓など相手に阿って妥協した結果、国益を損ねたことも多かった。安倍政権の発足から4年が経過したが、今後も戦後蓄積された歪みの解消はしばらく続くのだろう。

山口氏は総理と極めて近い関係を保ちつつ、ジャーナリストの矜持として書けることのギリギリまでを書いている。これを太鼓もちと批判する人もいるだろうが、こうした内幕を政権が存続している時に書かれることなど今まで無かったはずだ(ナベツネは書いたのか?彼は書いていないから未だに読売新聞の主筆なのだ)。テレビで取材もせずに批判を続けている面々が阿呆に見えて仕方が無い※※。面白い時代に生まれてよかった。

※保守層の反発については、こちらの産経新聞系の記事を読んで欲しい。

※※安倍・トランプ会談が行われているその時、山口氏はテレビ朝日モーニングショーに出演しており、その場面を偶然見ていた。玉川徹というコメンテーターが取材もせずに妄想で安倍総理をくさしていたところ、山口氏に窘められているのを見て心の中で拍手喝采を送った。

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

ピックアップ記事

  1. 都民ファーストの会音喜多幹事長のブログ記事がひどいのでツッコミを入れる
  2. マンションマニア先生に学ぶ、ブロガーとしての一つの到達点
  3. のらえもん対面インタビュー敢行報告
  4. デビュー15周年・Perfume曲でのらえもんが打線を組んでみた
  5. 口腔洗浄器・パナソニックドルツが最強すぎ、はやく買えばよかった

関連記事

  1. 活動報告

    宅建をほぼ3日半で受かった僕の勉強法

    すいません、2016年の宅地建物取引士資格試験は結構簡単でしたね。ちな…

  2. 読んだ本

    山口敬之著【総理】読んだ

    山口敬之著【総理】読んだ。貪るように。政治の中枢で日々行われている生々…

  3. 読んだ本

    なぜ電影少女と聞くと読んだ過去を恥ずかしいと思ってしまうのか

    その世代ならわかる、ジャンプ誌上珠玉の名作「電影少女」なんと第一巻…

  4. 読んだ本

    プロブロガー塾と起業塾とネットワークビジネス

    先日以下の2エントリを読んだ。■自己啓発にハマる人間は、笑える…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 活動報告

    ゲームから学んだ保険に対する考え方
  2. なんとなく

    日本生命の女性向け保険CMに見る「ポリティカル・コレクトネス」
  3. 読んだ本

    山口敬之著【総理】読んだ
  4. 読んだ本

    山口敬之著【暗闘】を読む。傑作【総理】に引き続き、今回も迫真の筆致。
  5. Perume

    デビュー15周年・Perfume曲でのらえもんが打線を組んでみた
PAGE TOP